養成施設付属の治療院

治療方針

  • HOME »
  • 治療方針

徹底した患者目線で皆様の悩みを解決いたします。

鍼灸においては、東洋医学としての視診、問診、触診、脈診、舌診から、患者さまの状態を診、必要なはり、きゅうの治療を行います。内科的な疾病も含め、身体のバランスを整え、人間の本来あるべき良好な状態に導き、病に負けない健康な体へといざないます。

柔道整復は、主に外科的疾患にかんして、患者さまの状態をしっかりと評価し、患者さまの訴えに対し応えます。徒手療法による一般外傷の治療だけでなく、スポーツ傷害・コンディショニングについての相談もお受けします。

誕生から1000年以上の歴史に裏打ちされた伝統医学

はり、きゅうの技術は遣隋使、遣唐使の時代から日本に伝承され、天領の中で朝廷の医学として日本独自の発展を遂げてきました。

柔道整復術も、日本の古武道の活法の技術を活かし、柔道家によって体系化された整復術です。

日本では、はり、きゅう、柔道整復を施術するためには国家資格を取得せねば、はり師、きゅう師、柔道整復師を名乗れず、他の民間資格でのサービス業とは一線を画しています。

この「しんきゅう・せっこつ兵庫」は、厚生労働省認定の鍼灸師養成施設である兵庫鍼灸専門学校、厚生労働省指定の柔道整復師養成施設である兵庫柔整専門学校を運営する学校法人兵庫医療学園が設置した施術所です。

ここで、治療にあたる鍼灸師、柔道整復師はこの兵庫医療学園が教育の中で実践している実学主義を学び、皆様の健康に寄与するため研鑽している優秀な治療家です。

主な治療内容

しんきゅう・せっこつ兵庫では、皆さんの悩まれている症状緩和、健康維持のための治療を行います。

  • はり・きゅう
  • 鍼 治療は 直径0.12~0.18mm程度のステンレス製の鍼を使用しています。また、ディスポ-ザブリ鍼(使い捨て)なので、感染予防の点において安全かつ衛生的です。症状によっては鍼を刺入し、上下に動かしたり、直ぐ抜いたり、少し置鍼したりなど様々な刺激方法があり、筋肉のコリを改善し、血液循環を促進させます。鍼には痛みを和らげる作用だけでなく、自律神経を調整したり、免疫作用を高めて、病気を予防する効果もあります。

    灸治療には、「艾(もぐさ)」と呼ばれるよもぎの葉を乾燥させ、葉の裏側の部分を集めたものを使用します。大きく分けて2種類の方法があります。
    ・直接灸:皮膚の上に直接艾を置き着火させます。この時の艾の大きさは米粒くらいで非常に小さいです。
    ・間接灸:艾と皮膚の緩衝材になるものを入れ、熱さを和らげ、気持ちのよい熱刺激をくわえます。灸治療においては、循環系への作用が認められ増血・止血・強心作用などがあります。                    

  • せっこつ
  • 柔道整復師という国家資格のもと、解剖学・生理学・運動学・病理学・柔道整復学を基礎として、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった急性の外傷((スポーツ外傷・スポーツ傷害)に対して、正確な評価をして最善の治療ができるよう心がけています。また、肩・腰・膝等のガンコな痛みや重だるさ等には手技療法を中心とした施術を行っています。

お気軽にお問合せください TEL 078-334-1108 受付時間 10:00-13:00 15:00-18:00
     〔土・日除く〕











FaceBook お気に入り

PAGETOP
Copyright © しんきゅう・せいこつ兵庫 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.